完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復の要約

著者
スティーブン・R・コヴィー/著、フランクリン・コヴィー・ジャパン/翻訳
ジャンル
ビジネス
出版社
キングベアー出版
出版日
2013-08-30

オーディオブックを見る

成功に関するあらゆる文献を分析し、共通する習慣としてまとめたのが「7つの習慣」です。それは、スキルやテクニックでなく人格に焦点が当てられたものです。物事を支配しているのは原則であって、自分ではないのです。著者は導き出した人生の原則をベースに、我々が身に付けるべき「7つの習慣」を提案します。全世界のビジネスリーダーたちに支持されてきた「7つの習慣」を身に付ければ、あなたの生活に劇的な変化が訪れるかもしれません。

スティーブン・R・コヴィー
米国フランクリン・コヴィー社副会長。世界各国の政府や企業のリーダーに対して、広くコンサルタントとして活躍中

  • はじめに
  • 第一部 パラダイムと原則について
  • 第二部 私的成功 第一の習慣 主体性を発揮する
  • 第二の習慣 目的を持って始める
  • 第三の習慣 重要事項を優先する
  • 第三部 公的成功 相互依存のパラダイム
  • 第四の習慣 WinWinを考える
  • 第五の習慣 理解してから理解される
  • 第六の習慣 相乗効果を発揮する
  • 第四部 再新再生 第七の習慣 刃を研ぐ
  • 再びインサイド・アウト

完訳 7つの習慣 人格主義の回復1分間レビュー

人類に共通する、いつの時代にも変わらない、成功するための原則があるとしたら、知りたいと思いませんか? この本は「次々に問題が出てくるのはなぜだろう」、「人間関係がうまくいかないのはなぜだろう」など、多くの人が抱える疑問に答えるとともに、人生の原則と、現状を変えるための行動を示してくれます。本書のタイトルの「7つの習慣」は、たった一度の行動で満足するのではなく、人生の原則を7つの習慣として身に付ける必要がある、ということを意味します。「7つの習慣」のそれぞれの説明の後には、実践編として、読者が具体的に何をすればいいのかが書かれています。頭で理解するだけでなく、すぐ行動に移せば、今日から人生を変えることが可能になるのです。それでは、「7つの習慣」を身に付けるために、本書を読み進めていきましょう。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復要点・ポイント

  • 本書は、約20年にわたって売れ続けているベストセラー『7つの習慣 成功には原則があった』の新訳版で、現代を生きる私たちにとっては、より親しみやすい内容となっています
  • 成功するうえでの普遍的な法則「7つの習慣」を解説するなかで、著者は、人間の成長のプロセスを、依存、自立、相互依存の三段階に分けています。そして成長に応じて身につけるべき習慣が解説されています
  • 著者の「境遇や地位、それまでの人生がどんなものであるかにかかわらず、『7つの習慣』を身に付けることで変化を起こす力が働く」といったメッセージに代表されるような、読者に希望を抱かせてくれる言葉が随所にちりばめられた作品です

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』 オーディオブックはこちら
  http://www.febe.jp/product/176848

完訳 7つの習慣 人格主義の回復要約ダイジェスト

「7つの習慣」とは?

「人生で成功するには、何をしたらいいのだろうか」と、考えたことはありませんか? その答えはこの本の中にあります。著者は、世の中には行動の結果を支配している原則があるといいます。「7つの習慣」とは、人生の原則を習慣として身に付け、原則に合わせた生き方をすることによって、人間として成長し、効果的な人間関係を築き、人生を豊かなものにしていこうとする考え方です。この本は1996年に発売された作品『7つの習慣 成功には原則があった』を、翻訳し直したものです。サブタイトルである「成功には原則があった」は、新しい翻訳では「人格主義の回復」となりました。個性よりも誠実な人格こそが成功の要因であるという、著者のメッセージをより強調したものになりました。そして、人格は習慣によって形づくられるものです。だからこそ、「7つの習慣」を身に付けることが重要なのです。

「7つの習慣」が目指すのは相互依存

この本の構成は、第1の習慣から第7の習慣まで、順番に解説していく流れになっていますが、7つの習慣のそれぞれが、独立して存在しているわけではありません。著者は、人間の成長のプロセスを、依存、自立、相互依存の三段階に分けています。依存は「あなた」を中心にしたものの見方を意味します。依存状態にある人は「あなたに○○してほしい」、「失敗したのはあなたのせいだ」などと考え、望む結果を得るためには、誰かに頼らなくてはなりません。次に、自立は「私」を中心にした、ものの見方です。自立している人は「私は○○を選ぶ」、「私は○○する」などと考え、自分の力で望む結果を生み出すことができます。最後の相互依存は「私たち」を中心にしたものの考え方です。「私たちは○○できる」「私たちは○○しよう」などと考え、自分の努力と他者の努力を合わせて、最大限の力を手にすることができます。相互依存は自立よりもはるかに成熟した状態であり、「7つの習慣」が目指すのは、この相互依存なのです。

依存、自立、相互依存のプロセスに「7つの習慣」をあてはめてみましょう。第1の習慣、第2の習慣、第3の習慣は依存から自立へと成長するための習慣です。第4の習慣、第5の習慣、第6の習慣は、自立からさらに成長して人と協力していく状態、つまり、相互依存へと成長していくための習慣です。ただし、第7の習慣だけは依存、自立、相互依存のプロセスには当てはまりません。第7の習慣は、他の6つの習慣をもっと高めていくために必要な習慣なのです。
全体の構成がわかったところで、依存から自立へと成長するための習慣について、もう少し詳しくご紹介しましょう。

依存から自立へと成長するための習慣

依存から自立へと成長するための習慣は、第1の習慣、第2の習慣、第3の習慣です。第1の習慣から説明していきましょう。
第1の習慣は「主体的である」です。「主体的である」ことは、自発的に率先して行動することだけを意味するのではありません。自分の人生の責任を引き受けることも意味します。私たちの行動は、自分自身の決定と選択の結果なのです。だからこそ、自分の行動に責任を持ち、失敗しても人のせい、状況のせいなどにしてはいけない、ということです。

第1の習慣で目指すのは「主体的な人」です。しかし、現実には、主体的な人として生きるのは難しいことだと思われます。うまくいかないことがあった時など、誰かのせい、何かのせいにしたくなるのではないでしょうか。
この本では、主体的でない人たちのことを、「反応的な人」と呼んでいます。反応的な人というのは、その時々の感情や状況、条件、環境などに影響を受けてしまう人のことです。
たとえば、主体的な人にとっては、天気の変化は関係ありません。いつも自分の価値観に従って行動します。これに対して反応的な人は、天気が良ければ気持ちが良くなりますが、天気が悪いとやる気がなくなります。そして、やる気がないのは、自分のせいではない、天気のせいだと言うのです。

また、難しい仕事を頼まれたら、主体的な人はまず、その仕事をするかしないかの選択をし、やると決めた場合は、他にもっと効率的に進めるやり方がないかを考えます。失敗したら自分で責任を取ります。一方、反応的な人が難しい仕事を頼まれたら、「自分にはこのやり方しかできない」と言い、それ以上は考えようとしません。相手の判断に合わせて行動するだけなので、もしもうまくいかなかった場合、自分は悪くない、と言います。
果たして、今のあなたは主体的な人でしょうか、反応的な人でしょうか。責任を引き受けて自分から行動を起こしますか?それとも、周りが動いてくれるのを待っていますか?

成長や成功の機会を手に入れることができるのは、当然、主体的な人です。
しかし、今は反応的な人であるとしても心配は要りません。「自分の主体性を認識し、育てることは、日常の平凡な出来事の中でもできる」と著者は述べています。第1の習慣の説明の最後に、実践編として主体的な人になるための課題がいくつか紹介されています。一部をご紹介すると、たとえば、「小さな約束をして必ず守る」とあります。著者は、約束を必ず守ることを、30日間毎日続けるよう提案しています。それから、「○○さえあったら」「できない」「しなければならない」などの反応的な言葉を、何回使ったか数えてみるというのもあります。どれも現実的、具体的な課題なので、明日からすぐに実践できるはずです。
続いて、第2の習慣は「終わりを思い描くことから始める」です。「終わり」とは自分の人生の最後を意味します。人生の最後の場面に、あなたはどんな人たちに囲まれ、あなたのどんな行動を人々に覚えておいてもらいたいですか? つまり、人生のゴールを思い描き、そのゴールにたどりつくために、今日を大切に生きようということです。第3の習慣は「最優先事項を優先する」。自分の内面にある規律に従い、優先すべきことは何かを選択し、実際に優先して行うべきである、ということです。ここまでが依存から自立へのプロセスとなります。

自立から相互依存へと成長するための習慣

第4の習慣、第5の習慣、第6の習慣は、自立から相互依存に至るための習慣です。

第4の習慣は「Win-Winを考える」。Winは、アルファベットの「W」「I」「N」であり、直訳すると「勝つ」という意味です。「Win-Win」と「Win」が2つ並んでいるのは、自分だけが得をするのではなく、自分も相手も得をする方法を考えることが重要だということです。

第5の習慣は「まずは理解に徹し、そして理解される」。目の前の相手に、自分の気持ちをわかってほしいと思うのなら、自分がまず、相手の気持ちを理解することから始めるべきである、ということです。そして、

第6の習慣は「シナジーを創り出す」。シナジーとは相乗効果のことです。相互依存の関係になれば、自分の努力と他者の努力を組み合わせることで、大きな成果を生み出すことが可能になります。1足す1は2ではなく、10にも100にもできるのです。

最後の第7の習慣は「刃を研ぐ」です。「刃を研ぐ」というのは比喩的な表現であり、自分自身の価値を継続的に高めていくための習慣のことです。著者は、「あなたという人間をつくっている、4つの側面がある」と言っています。4つの側面とは、肉体、精神、知性の3つに加えて、社会と情緒です。社会と情緒が意味するのは、奉仕、共感、内面の安定などです。4つの側面を日頃から鍛え、バランスよく磨いていくために、自分に投資することの必要性を説いています。

多くの人の人生を変えた一冊

この本の最大の魅力は、未来への希望を与えてくれる点です。著者は「境遇や地位、それまでの人生がどんなものであるかにかかわらず、『7つの習慣』を身に付けることで変化を起こす力が働く」と述べています。たとえ現在、厳しい状況にある人でも、この本を読めば「自分にはまだ、やれることがあるのではないか」と気付くはずです。それぞれの習慣の説明の最後には、具体的に何をすればいいかが書かれています。新たな一歩を踏み出す手掛かりとなることでしょう。

さらに、著者は「『7つの習慣』を実践するのは大変なことであり、『7つの習慣』を全部、毎日きちんと実践できている人などいないだろう」とも述べています。ですから、完璧にこなそうと考えずに、気軽に取り組んでみてはいかがでしょう。その結果、何が起こるのか、実感していただきたいと思います。
原書は40か国語に翻訳され、全世界で3000万部の売り上げを記録しました。日本でも、1996年発売の作品『7つの習慣 成功には原則があった』は、200万部の大ベストセラーとなりました。この本には、前作を読んだ日本の政財界著名人の推薦文がいくつか掲載されており、その中には「人生が変わった」と言う人が何人もいます。

次はあなたの番です。「現状を変えたい」「もっと成長したい」「成功をつかみたい」などと思っている方には、ぜひ読んでみていただきたい一冊です。一冊の本が、読む人の人生を変えることがあります。この本がまさに、あなたの人生を変える一冊になるかもしれません。

FeBe のオーディオブックを紹介

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

¥ 2,376

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る