稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版の要約

著者
稲盛和夫
ジャンル
ビジネス
出版社
日本経済新聞出版社
出版日
2014-09-04

オーディオブックを見る

どうすれば人は育つのか?どうすれば組織は活性化するのか?というのは、経営者ならば誰もが直面する悩みです。経営者たちの悩みに京セラ創業者である稲盛和夫氏が答えます。悩める経営者と稲盛氏の真剣な対話から、人を生かす経営を考えるための一冊です。

1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長を務める。84年には第二電電(現KDDI)を設立し、会長に就任。2001年より最高顧問。2010年には日本航空会長に就任。代表取締役会長を経て、13年より名誉会長。このほか、84年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ

まえがき
第1章 活力ある社風をつくる
第2章 社員の心に火をつける
第3章 幹部を育てる
第4章 自らを高める―尊敬されるリーダーとなる
終章 リーダーの役割一〇カ条

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版1分間レビュー

優れた人材が不足していて困っているという経営者は多いのではないでしょうか。確かに優れた人材というのは、待っていれば来てくれるというものではありません。しかし本書の冒頭で、著者の稲盛和夫氏は次のように勇気づけてくれています。「たとえ中小零細企業であったとしても、人材が皆無ということはありません。限られた人材でも、その力をフルに生かし、結集することで、いくらでも発展することができます。」では限られた人材をフルに生かすためにはどのようにすれば良いのでしょうか?本書には人を生かすための知恵が数多く記されています。悩める経営者とは、著者を塾長とする経営塾「盛和塾」の塾生です。彼らの質問に、著者は的確に回答を述べていきます。著者の回答は時に厳しい言葉で語られます。しかし厳しい言葉の後には「あなたを弟のように思っているからこそ言うのであるから、許してほしい」とあります。多くの経営者に慕われる人格者である著者から、人を生かす経営について学ぼうではありませんか。

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版要点・ポイント

  • 京セラ創業者である稲盛和夫氏が従業員の力を引き出し活用するためのポイントを、実体験を交えながら語りかける1作です
  • 本書は、稲盛氏が主宰する経営塾「盛和塾」の塾生と稲盛氏本人との対話をもとに構成されています
  • 京セラがなぜこれほどまでに人材活用に成功しているのか。その理由の一端が「経営理念」にあることがわかる一作です

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版要約ダイジェスト

本書の構成

本書は第1章から第4章と終章という合計で5つの章に分かれています。第1章から第4章では、各章でそれぞれ4人の経営者が、著者に悩みを訴えています。そして、終章では著者によって「リーダーの役割10ヵ条」が語られます。では、ここからは本書における人を生かす経営について、特に重要と思われる考えを紹介していきます。

人を生かす経営を実現するには

人を生かす企業とは、どんな企業を想像しますか?著者は、人を生かす企業とは、従業員が心から仕事に打ち込んでいる企業であると述べています。昨今の厳しい経営環境を考えれば、従業員が心から仕事に打ち込めるような強い組織でなければ、生き延びていくことは難しいでしょう。では、人を生かし、従業員が心から仕事に打ち込めるような企業をつくるには、どうすればよいのでしょうか?一般的に、経営の重要な要素は、ヒト・モノ・カネだと言われています。しかし著者は、ヒト・モノ・カネと同じくらい重要なものがあると言います。それは経営理念です。人を生かす経営には、経営理念が重要なカギになります。豊富な資金や設備で、優秀な人材を集めたとしても、従業員のベ...

FeBe のオーディオブックを紹介

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版

稲盛和夫の経営問答 人を生かす 新装版

¥ 1,728

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る