「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則の要約

著者
ジェームズ・アレン/ 著、 坂本貢一/訳
ジャンル
ビジネス
出版社
サンマーク出版
出版日
2003-04-01

オーディオブックを見る

「原因」と「結果」の法則は、100年以上に渡って売れ続けているロングセラー書です。哲学者、ジェームズ・アレン氏が書いた本書は、多くの読者を獲得し、自己啓発書のルーツと言われています。人生とはどのようなものか、100年が過ぎてもなお、私たちに教え続けてくれている一冊です。

アレン・ジェームズ
1864年、英国生まれ。父親の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、さまざまな仕事に就きながら独学で学び、38歳で執筆活動に専念する。作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読され、とくに1902年に書かれた『AS A MAN THINKETH』は、現代成功哲学の祖として知られるナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、アール・ナイチンゲールなどに強い影響を与えた。いまなお、自己啓発のバイブルとして、世界中で読まれつづけている

坂本貢一
1950年生。東京理科大理学部卒。製薬会社勤務後、2年間米国留学。帰国後、薬局チェーン経営を経て出版社の翻訳課に勤務し、主として自己啓発書の翻訳にあたる。精神世界の研究にも携わり、97年よりフリーの翻訳家および精神科学ライターとして活動。精神世界関連の雑誌編集にも携わる。茨城県桜川村在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 思いと人格
  • 思いと環境
  • 思いと健康
  • 思いと目標
  • 思いと成功
  • ビジョン
  • 穏やかな心

「原因」と「結果」の法則1分間レビュー

本書がジェームズ・アレン氏によって書かれたのは1902年です。発刊以来、本書は世界中で売れ続けてきました。世界中の人たちが本書を愛してきた理由とはなんでしょうか?その理由とは、著者が考える人生の悩みの解決策に、多くの人が共感したからでしょう。あるいは、この100年余りの間、人々が悩んできたことというのは、本質的には変化をしていないということなのかもしれません。さあ、古き良き賢者に、「人生とは何なのか」を教わりましょう。

「原因」と「結果」の法則要点・ポイント

  • 本書は1902年に発刊されて以来、世界中で読み継がれてきた「自己啓発書の祖」ともいえる作品です
  • 原因があれば結果がある、結果があれば原因があるということが、「原因」と「結果」の法則です。「思いと行い」といった具合に、この法則を人生に当てはめてみたときに見えてくるものについて、さまざまな角度から本書ならではのメッセージが書かれています
  • 人生に関する本質的なことについて考えるうえで、本書はとても強力な味方となってくれるでしょう

「原因」と「結果」の法則要約ダイジェスト

自分こそが自分の人生の創り手である

はじめに、「原因」と「結果」の法則が教えてくれる大切な真実について話を始めましょう。人生において何かうまくいかないことがあると、うまくいかない理由を環境や他人の中に探す人は大勢います。今の自分の人生をつくっているのは、環境や他人だと誤解しているのです。こんな職場じゃなければ、こんな上司じゃなければ、自分はもっとうまくできるのにと不満を言う人に出会ったことはありませんか?職場や上司に不満を言う人は、「自分こそが自分の人生の創り手である」ことを認識できていないのです。職場や上司が、自分の人生を作っているとさえ思っているのかもしれません。しかし、自分の人生をすばらしいものにするのも、不幸なものにするのも、すべて自分なのです。そして、自分こそが自分の人生の創り手であるために、理解しなくてはならないことが、「原因」と「結果」の法則なのです。

「原因」と「結果」の法則とは何か

「原因」と「結果」の法則とはどのようなものでしょうか?どのような物事でも原因がないまま、結果だけがあるということはありえません。原因があれば結果がある、結果があれば原...

FeBe のオーディオブックを紹介

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

¥ 1,512

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る