ビジネスマンのための「読書力」養成講座

ビジネスマンのための「読書力」養成講座の要約

著者
小宮一慶
ジャンル
ビジネス
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日
2008-09-14

オーディオブックを見る

経営コンサルタントとして、数十冊の本を執筆してきた小宮一慶氏が、5つのアプローチから「頭のよくなる」読書法を紹介。論理的思考力を高めるためにおすすめの本の紹介もあり、ブックガイドとしても有用な一冊。

1957年、大阪府生まれ。経営コンサルタント。(株)小宮コンサルタンツ代表取締役。京都大学法学部卒業後、東京銀行にて経営情報システム、M&Aなどを担当。特種情報処理技術者、証券アナリスト(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『数字が苦手なビジネスマンのための経済ニュース裏読み・先読み講座』

  • 速読
  • 通読レベル1
  • 通読レベル2
  • 熟読
  • 重読
  • 読書力を高める八つのポイント
  • 本書で紹介した小宮流読書法別ビジネスマンのための必読書60

ビジネスマンのための「読書力」養成講座1分間レビュー

著者の小宮一慶氏は、京都大学を卒業後、アメリカの大学院でMBAを取得。現在は、経営コンサルタント、名古屋大学客員教授などの顔を持ち、ビジネス書著者としては数十冊の本を執筆されています。
本書で小宮氏は、高校時代は文章を読むことが苦手で、現代文のせいで留年しかけたこともあると明かしています。しかし、あるときに文章を読むコツを掴み、多くの本を読み、独自の選書術や読書法を確立し、論理的思考力を高めてきたといいます。大学院で講義を持つまでになった会計学は、この選書術や読書法を用いて、ほぼ独学で身に付けたそうです。
小宮氏は、本書で5つの読書法を解説しています。速読、通読(レベル1・レベル2)、熟読、重読の5種類です。これらの読書法は、本を読む目的によって使い分けることで、本から得られる恩恵を最大化するものです。それでは、どんな目的の時に、どういった方法で読んでいくのが良いのかご紹介していきましょう。
『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』 オーディオブックはこちら
  http://www.febe.jp/product/29258?ref=fbd

ビジネスマンのための「読書力」養成講座要点・ポイント

  • 本を読む目的に対応した、本から受けられる恩恵を最大化する読書法(速読、通読、熟読、重読)を紹介
  • 速読・熟読といった読書テクニックを、本を読むスピードではなく、目的ごとに使い分けるというアプローチが特徴
  • 重要なキーワードを拾い読みをして自分の目的にあった本かを確認するのが「速読」。最初から最後まで一読し、本の大枠を把握するのが「通読」
  • 参考文献にあたり、本のテーマや主張を深く理解するのが「熟読」。哲学や人生訓など、何度も読み込んでさまざまな角度から理解するのが「重読」
  • それぞれに体験談などを交えつつ、ノウハウとして紹介していく

ビジネスマンのための「読書力」養成講座要約ダイジェスト

速読と熟読

あなたは、「速読」と聞いてどんなことを思い浮かべますか? 分厚い本をぱらぱらとめくるだけでどんどん内容を把握していく姿でしょうか。とにかく速く、たとえば新書を10分くらいで読み終わってしまう方法でしょうか。あなたは「熟読」と聞いて何を想像しますか? 1冊の本をじっくりゆっくり読むことでしょうか。有名な小説を、登場人物の気持ちを想像しながら丁寧に読み進めることでしょうか。
本書で言う「速読」は、たとえば会議で使う資料を短時間でさっと読んで概要を把握する読み方です。また「熟読」は、たとえばなにか一つの分野を専門家並みに身に付けたいときに用いる読み方です。「速読」や「熟読」といった読み方を、「読み終えるのにかかる時間」ではなく、「本を読む目的」に主眼を置いて分けているのが特徴です。

頭が良くなる「読書法」

小宮氏は、経営コンサルタントとして複数の会社の役員や顧問を務め、大学で教鞭もとる方です。本書では、読書によって成したいことの目的別に、速読、通読レベル1、通読レベル2、熟読、重読という5つの読み方を紹介しています。また、これらの読書法を使って「頭を良...

FeBe のオーディオブックを紹介

ビジネスマンのための「読書力」養成講座

ビジネスマンのための「読書力」養成講座

¥ 1,296

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る