ランチェスター思考 競争戦略の基礎

ランチェスター思考 競争戦略の基礎の要約

著者
福田秀人/著、ランチェスター戦略学会/監修
ジャンル
ビジネス
出版社
東洋経済新報社
出版日
2008-11-28

オーディオブックを見る

第一次世界大戦の戦闘理論から生まれたランチェスターの法則。本書は、ランチェスターの法則をベースとした、企業の競争戦略の立て方を紹介しています。

1949年石川県生まれ。立教大学大学院教授(21世紀社会デザイン研究科危機管理学分野)。ランチェスター戦略学会副会長、航空保安協会評議員。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。経営コンサルタントや会社役員として、経営戦略・組織体制の改革、リスクマネジメント、企業再生支援などに従事した後現職。放送大学客員教授、慶應義塾大学、海上自衛隊幹部学校などの講師も務め、戦略論、組織論をもとに、経営レベルの危機管理の教育・指導にあたっている

  • タイトル
  • 総論 1章 ランチェスター思考とは何か
  • 総論 2章 ランチェスター戦略の意義
  • 総論 3章 創造的破壊論の嵐
  • 総論 4章 常識の勝利
  • 総論 5章 戦いと戦略
  • 総論 6章 戦略と計画
  • 総論 7章 戦いと管理
  • 総論 8章 現実と戦う
  • 各論 9章 ランチェスター法則
  • 各論10章 目標とは何か
  • 各論 11章 集中とは何か
  • 各論 12章 市場占拠率の目標数値モデル
  • 各論 13章 シェア原則<規模と範囲の経済>
  • 各論 14章 占拠率の有効射程距離モデル
  • 各論 15章 グー・パー・チョキ理論
  • 各論 16章 マーケットの特定
  • 終章 ランチェスター戦略をふりかえる
  • 田岡信夫・遺稿より
  • 特別寄稿

ランチェスター思考 競争戦略の基礎1分間レビュー

洋の東西、古今を問わず、世の中には多くの軍事戦略が存在します。たとえば、古代中国の孫子の兵法、プロシアにおけるクラウゼヴィッツの戦争論など、具体例をあげれば枚挙に暇がありません。ランチェスターの法則も、軍事戦略のひとつです。
ランチェスターの法則は、英国の自動車・航空エンジニアのフレデリック・ランチェスター氏によって編みだされました。1914年の第一次世界大戦の教訓を踏まえて考案された、いわば戦闘の分析論です。
ランチェスターの法則は、兵力の差が戦闘力の差を生むという考え方をとります。そしてこの考え方を前提として、弱者の戦略と強者の戦法という二つの戦略が開発されました。
弱者の戦略は、強者との正面戦闘を避け、局地戦、接近戦を挑みます。強者の戦法は、接近戦を避け、間接的、遠隔的な戦いを展開します。
これら二つの戦略を、後に企業のマーケティング戦略へと応用したのが、故・田岡信夫氏。田岡氏は、1964年に経営統計研究会を設立し、「ランチェスター販売戦略法則」などの著書を残しています。日本において軍事戦略をビジネスに応用した草分け的存在といえるでしょう。
本書は、田岡氏の理論の紹介や分析が中心ですが、市場シェアの考え方や企業競争を勝ち抜く方法なども紹介されています。

ランチェスター思考 競争戦略の基礎要点・ポイント

  • 「ランチェスターの法則」は軍事戦略として生まれ、故・田岡信夫氏の考案によりマーケティングに応用され「ランチェスター経営」などと呼ばれるようになった経営理論のひとつ
  • ランチェスターの法則は、「強者」「弱者」それぞれの立場を踏まえて、競争に負けないための戦略を考案している
  • 「弱者の戦略」は、局地戦を展開する、接近戦を選ぶ、あるいは、兵力の分散を避けるなどといったもの
  • 強者の戦略は、集団戦に持ち込む、総合戦を展開する、圧倒的な兵力による短期決戦をねらうなどといったもの
  • こういった戦略論を経営やマーケティングに当てはめたときの考え方を、故・田岡氏の言葉を引用しながら解説されている

ランチェスター思考 競争戦略の基礎要約ダイジェスト

勝ち方のルールを知っているかどうかが、企業の優劣に大きな差を生む

企業間競争には、技術開発競争、新製品競争、顧客獲得競争など、さまざま種類の競争が存在します。また低成長時代ほど、競争は熾烈化する傾向にあります。では、企業が競争を勝ち抜くためには何が必要なのでしょうか。
 著者は、田岡氏の「勝ち方における一定のルールを知らなければならない。ルールを知っているか否かで企業の優劣に大きな差が生ずる」という言葉を引用して説明しています。ここで言う勝ち方のルールとは「ランチェスターの法則」のことです。
ランチェスターの法則は、戦闘における一騎打ちと、集団戦闘という二つの戦闘形態が想定されています。一騎打ちの場合、武器の能力が同じなら戦闘力は兵力に比例し、集団戦闘の場合は武器の能力に差がなければ兵力の2乗に比例すると考えます。そして、これらの戦闘形態から派生する形で、弱者の戦略と強者の戦法という二つの戦略が生まれたのです。
田岡氏はこの考え方を企業の販売戦略に応用しました。企業は競争力の相対的な強弱に応じて、弱者の戦略と強者の戦略のどちらかを選択すべきだと言うわけです。

...

FeBe のオーディオブックを紹介

ランチェスター思考 競争戦略の基礎

ランチェスター思考 競争戦略の基礎

¥ 2,592

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る