健康は「内臓さん」で決まる

健康は「内臓さん」で決まるの要約

著者
伊藤裕
ジャンル
ビジネス
出版社
サンマーク出版
出版日
2012-09-25

オーディオブックを見る

「内臓が元気になれば、元気な生活を送ることができる」。これが本書の主題です。著者は、メタボと心臓病・脳卒中との関連を明らかにした「メタボリックドミノ」を提唱している、内臓のプロフェッショナルです。

慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授。京都市生まれ。1983年京都大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科博士課程修了。米国ハーバード大学、スタンフォード大学医学部にて博士研究員。京都大学医学部助教授を経て2006年から現職。専門は高血圧、糖尿病血管合併症、再生医学、抗加齢医学など多岐にわたり、まさに内臓のプロフェッショナル。特に最近では、メタボと生活習慣病、心臓病、腎臓病、脳卒中の関連を明らかにした「メタボリックドミノ」を世界で初めて提唱し、大きな反響を巻き起こした

  • 【あなたの「大切な時間」を生み出す10か条】
  • 第1条 ゆっくり食べると腸の時間は遅くなる
  • 第2条 夜のコンビニは決して利用しない
  • 第3条 小腹対策をしない
  • 第4条 「空腹感」と「低酸素感」を与える
  • 第5条 夜の運動よりも、朝の運動を心がける
  • 第6条 「赤ちゃんの生き方」を実践する
  • 第7条 まじめな人をやめてみる
  • 第8条 「3の倍数」で人づきあいを始める
  • 第9条 できるだけ大きな妄想をめぐらす
  • 第10条 いい思い出しか入れない「マイアルバム」をつくる

健康は「内臓さん」で決まる1分間レビュー

「病気が病気を呼ぶ」という言葉があるように、皆さんの周りでも、今まで元気だった人が病気になると、急にいくつかの病気を同時に発症し、健康な体が一気にたくさんの病気にむしばまれるという光景を見たことはありませんか? 一つでも臓器の機能低下が起こると、他の臓器が機能低下を補うため活発に動き、その結果、体全体に大きな負担がかかってしまうために、このような現象が起きます。
著者は内臓について私たちを支えてくれる偉大な存在であることから、「内臓さん」と呼びます。そんな「内臓さん」を構成する臓器の機能が著しく低下し、臓器の寿命(「臓器の時間」)が尽きることは、「病気」になることを意味する、と著者は説いています。そしてそれぞれの「臓器の時間」が一気に進行し、ほかの臓器の寿命もどんどん短くなり不健康になっていくという現象が起こるのです。
では、「臓器の時間」は止められないのでしょうか。結論から言えば、「臓器の時間」を遅くすることは、誰にでもできます。「臓器の時間」は生活習慣によって変えられるからです。「内蔵ストレス」が多い生活習慣を送っている人は「臓器の時間」は速く進んでしまい、その結果、「臓器の寿命」が尽きてあっという間に病気になります。しかし、「内蔵ストレス」を抑えさえすれば、「臓器の時間」は“遅らせること”ができるのです。

健康は「内臓さん」で決まる要点・ポイント

  • 本書の主な主張は、元気な内臓を保つためには「臓器の時間」の流れる速度を遅らせる必要があるというものです。
  • 時間の流れる速度は、その持ち主の心がけや生活習慣で速くなったり、逆に遅くなったりします。
  • 著者は、肥満、メタボリックシンドロームなどからくる健康障害の進み方を「メタボリックドミノ」という言葉で表現しています。
  • メタボで起こってくる病気は、ちょうど、ドミノの牌がどんどん倒れていく「ドミノ倒しゲーム」のように連鎖反応を起こして進んでいくからです。そしてこのドミノ倒しは、「臓器の時間」が進み過ぎることで、次々に起こってくるのです。
  • 重要なのは、私たちの心と同じように、「内臓さん」もストレスを感じ、その分だけ「臓器の負担」が増えることです。その結果、「臓器の焦り」が生まれて、「臓器の時間」の無駄遣いが起こり、「臓器の時間」が早送りされるのです。
  • 肥満の人は交感神経の働きが異常に大きいことが知られています。体に栄養が余っている状態で食品を摂取すれば、食べ物を、あたかも「外敵」とみなして、体がストレスを感じてしまうのです。
  • つまり、このように「メタボリックドミノ」は、「ストレスに対する過剰反応の病気」だといえます。

健康は「内臓さん」で決まる要約ダイジェスト

メタボの根本原因は「内臓さん」のストレス

「臓器の時間」は生まれたときに長さは決まっていますが、時間の流れる速度は変えられます。その持ち主の心がけや生活習慣で速くなったり、逆に遅くなったりするのです。「臓器の時間」が早く進み過ぎると病気を招き、遅くできれば健康をもたらします。

著者は、肥満、メタボリックシンドロームなどからくる健康障害の進み方を「メタボリックドミノ」という言葉で表現しています。メタボで起こってくる病気は、ちょうど、ドミノの牌がどんどん倒れていく「ドミノ倒しゲーム」のように連鎖反応を起こして進んでいくからです。そしてこのドミノ倒しは、「臓器の時間」が進み過ぎることで、次々に起こってくるのです。メタボリックドミノで注目すべき点は、様々な生活習慣病がほぼ「同時に」起こってくるということです。今こそ、「臓器の時間」をゆっくり、正しいペースにする方法を知る必要があります。

重要なのは、私たちの心と同じように、「内臓さん」もストレスを感じ、その分だけ「臓器の負担」が増えることです。その結果、「臓器の焦り」が生まれて、「臓器の時間」の無駄遣いが起こり、「臓器...

FeBe のオーディオブックを紹介

健康は「内臓さん」で決まる

健康は「内臓さん」で決まる

¥ 1,512

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る