申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。の要約

著者
カレン・フェラン/著、 神崎朗子/訳
ジャンル
ビジネス
出版社
大和書房
出版日
2014-03-26

オーディオブックを見る

コンサルタントの理論主義、データ主義が会社を混乱に陥れる!? 長年のコンサル経験をもとに、気鋭のコンサルタントが企業コンサルの実情と、会社に与える弊害を暴露する全米騒然の話題作!

フェラン,カレン
マサチューセッツ工科大学(MIT)および同大学院を卒業後、デロイト・ハスキンズ&セルズ(現デロイト・トウシュ・トーマツ)、ジェミニ・コンサルティング等の大手コンサルティングファームで戦略、オペレーション、組織開発、IT分野の経営コンサルタントとして活躍。その後、製薬大手ファイザーに転職して研修部門を立ち上げたのち、コンシューマービジネス部門のアジア太平洋地域のIT担当マネージャーを、続いてジョンソン・エンド・ジョンソンではコンシューマービジネス部門のオンラインマーケティング担当マネージャーを務めた。オペレーティング・プリンシパルズの共同設立者、経営コンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • はじめに 御社をつぶしたのは私です
  • Introduction 大手ファームは無意味なことばかりさせている
  • 第1章 「戦略計画」は何の役にも立たない
  • 第2章 「最適化プロセス」は机上の空論
  • 第3章 「数値目標」が組織を振り回す
  • 第4章 「業績管理システム」で士気はガタ落ち
  • 第5章 「マネジメントモデル」なんていらない
  • 第6章 「人材開発プログラム」には絶対に参加するな
  • 第7章 「リーダーシップ開発」で食べている人たち
  • 第8章 「ベストプラクティス」は“奇跡"のダイエット食品

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。1分間レビュー

「経営コンサルタント」という職業に、どういうイメージを持っていますか? 漏れなく優秀で、フレームワークの一振りで会社を正しい方向に導いてくれる、まるで魔法使いのようなものだと思われているのではないでしょうか。特にマッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなど、名だたるコンサルティングファームへの信頼は、ビジネス誌でわざわざ特集が組まれるほど絶大です。そして、コンサルティング発祥の地・アメリカでは、コンサルティングを利用しながら経営を進めていくケースが日本よりもはるかに多く存在します。

ところが、当のコンサルタント自身が企業コンサルの危険性を指摘し、「コンサル信仰」を覆しました。コンサルティングの内幕を暴露し、問題を提起したのが本書の著者で、経営コンサルタントとして約30年のキャリアを持つカレン・フェラン氏です。著者は、データや数値だけを追い求めるコンサルティングの姿勢に疑問を持ち、「未来は予測できない」「企業は人の集合体。人間関係をおろそかにしてはいけない」というメッセージを発しています。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。要点・ポイント

  • ビジネスは数字や論理によって管理できると思われているが、実際にビジネスを動かしているのは「人」。理屈どおりにはいかない
  • 人材マネジメントさえ上手くいけば、ビジネスは上手くいったも同然
  • コンサルタントの戦略策定は未来を予測できることが前提。でも、未来を予測することは不可能
  • ツールや方法論が目的になってしまってはいけない。まずは業界動向や現場の声を把握し、プロジェクト達成のためにツールを使うべきである
  • 人材マネジメントには、次の4原則がある。「気にかけていることを態度で示すこと」「伝わるように伝えること」「臨機応変に、柔軟に、すばやく対応すること」「先手を打つ」こと

この本の要約ダイジェストをリクエストする

FeBe のオーディオブックを紹介

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

¥ 1,036

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る