仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホンの要約

著者
三上 ナナエ
ジャンル
ビジネス
出版社
すばる舎リンケージ
出版日
2014-02-04

オーディオブックを見る

著者は、通算4500回のフライトを経験した元ANA客室乗務員にして、現在はイメージコンサルタントとして年間80回を超える講演をこなす人気講師。「気遣いのプロ」が伝授する「37のちょっとしたコツ」を身に付ければ、あなたの人生もうまく回り出すことでしょう。

大学卒業後、ANA(全日本空輪株式会社)に客室乗務員(CA)として入社。チーフパーサー、グループリーダー、OJTインストラクターを経験し、後輩指導にも当たる。ANAを退社後は、イメージコンサルタントとして活躍。「JCCA日本カラーコミュニケーション協会認定コンサルタント」「セブンシーズン認定カラーリスト」「日本パーソナルカラー協会上級資格」などの資格を持つ。『仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン』が初著書。

  • 第1章 「小さな気遣い」で仕事も人間関係もうまく回り出す
  • 第2章 まずは身につけたい「会話」の気遣い
  • 第3章 相手の印象に強く残る「見た目」「声」の気遣い
  • 第4章 絶妙なさじ加減で、気遣いができるようになる方法
  • 第5章 一歩先の気遣いで「誰からも好かれる人」になる

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン1分間レビュー

著者の三上ナナエさんは、大学卒業後、大手OA機器メーカーを経て、ANA(全日本空輸株式会社)に客室乗務員(CA)として入社。CA時代は、チーフパーサー、グループリーダー、OJTインストラクターを経験し、後輩の指導にもあたったという人物です。現在は、イメージコンサルタントとして様々な企業の人材教育に励み、三上さんの講演会の受講者数は14,000人以上、実施企業数は年間80以上にものぼります。
CAの仕事は、乗客との一期一会の出会いの中で、航空会社のブランドイメージを崩さないよう接することが最大のミッションと言えます。その中で、冷や汗をかいたり、涙を流したり、失敗と成功を繰り返し獲得した人間関係をスムーズにしてくれる「ちょっとした気遣い」をまとめたのが本書。著者は、気遣いとは、「あなたのことを大切に思っています」ということを表現できるかどうかにかかっていると語ります。気遣いを身に付けたら一生の宝物となります。美しい立ち振る舞いのためのハウツー本として常に手元に置くことをおすすめします。

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン要点・ポイント

  • 気遣いが空回りするのはなぜ?
  • 状況に合った気遣いができれば人生は好転する
  • キホンの「キ」は、気遣いのある会話術から
  • 自分も相手もストレスにならない気遣い
  • 3秒でできる最上級の気遣いとは
  • 忘れがちな「声の気遣い」
  • 相手に求めるのも気遣いのひとつ
  • 上司への気遣いのキホンは、こまめな報告で
  • 気遣いができれば、やりたい仕事ができるようになる
  • 「見ない」「言わない」「気づかない」も気遣いのひとつ
  • 美しい気遣いは、美しい立ち居振る舞いを生む

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン要約ダイジェスト

少しの気遣いで人間関係は驚くほどスムーズに

「気遣いのキホン」というタイトルを見て、「私の気遣いは、間違っているのでは?」と不安になった方もいるのではないでしょうか。それも無理ありません。「気遣い」という言葉は漠然としていて、その定義は人によってまちまちだからです。それゆえ、自分が気遣いと思って行ったことが相手に伝わらず、「どうして?」と思ってしまうこともあるでしょう。また、そのようなことが続くと、「もう余計な気遣いはしない」と無関心の立場をとってしまうかもしれませんが、そうすると今度は「あの人は気が利かない人」と周囲からレッテルを張られてしまいます。とはいえ、誰かに「気遣いって?」とは、なかなか聞きにくいものです。
では、自然な気遣いをできるようになるにはどうしたらよいのでしょうか。CAだった著者の三上ナナエさんも、新人のころ、仕事で気遣いをしても空回りしてしまい、疲れ切ってしまった経験があるといいます。
しかしある時、落ち着いて周囲を見回した時に、「気遣い」と大げさに考えていたことが、実は「相手にとってうれしいと思うほんのちょっとのことだ」と三上さんは気づいたそうです...

FeBe のオーディオブックを紹介

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

¥ 1,512

オーディオブックを聴く

オーディオブックなら、音楽を聴くようにいつでもどこでも読書が楽しめます。新しい本の楽しみ方を FeBe ではじめてみませんか?

上に戻る